‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

使用期間について

2015/03/22

高速道路は高速度での走行を長時間行うため、タイヤへの負荷が大きいものです。
そのため、高速道路でのタイヤトラブルは一般道路に比べておよそ3倍にものぼります。
またタイヤトラブルの中で最も多いのがパンクですが、一般道でも高速道路でも怖いのがタイヤが破裂してしまうバーストです。
バーストは道路上で先の尖った異物や大きな石などを踏んでしまうことが原因で起こりやすいのですが、高速道路の場合はこうした原因だけではなく、タイヤへの高い負荷が要因となって引き起こされやすくなっています。
もしも、高速度で走行している高速道路でバーストが起きてしまうと車体の制御が利かなくなることもあるので非常に危険です。
それを予防するためにもタイヤの使用期間をしっかり把握して、高速道路に乗る予定があればその前にタイヤの状態や空気圧の確認をしておきましょう。
特に5年以上使用しているタイヤは使用状態にもよりますが劣化がはじまっている可能性があるので必ず点検が必要です。10年以上経過している場合は、例え溝が残っていても交換を検討したほうが安全のためにはよいでしょう。
他にもなんらかの問題を見つけた時には、トラブルを防止するためにきちんと対処しておくことが重要です。

走行中と駐車のトラブルについて

2015/03/22

自動車の走行中のトラブルといえば、まず一般的なのがタイヤのパンクです。タイヤのチューブから空気が抜けてしまい、走ることがとても困難になってしまいます。

パンクが起きてしまった場合、スペアタイヤがあれば、ジャッキを使って車体を上げた上で、ご自分で交換することもできます。それができない場合にはロードサービスを利用するのがよいでしょう。

パンクを防ぐためには、日頃から空気圧のチェックをして、しっかり空気を入れておきましょう。

続いてガス欠があります。ガソリンが走っている途中でなくなることです。これは危険ですので、特にロングドライブをする前には給油を行いましょう。これもロードサービスを呼ぶ必要があります。

最近では電気自動車も普及していますが、まだEVは1回の充電で走れる距離が短めです。そのためこまめに充電を行うと安心です。

次に駐車の際のトラブルです。一番気をつけたいのが、知らない間に車両の付近に人がいてぶつけてしまうことです。これを防ぐためには、駐車を開始する前に辺りに人がいないかを確認すること、そして駐車をする途中にも後方などを確認することです。

最近ではバックモニターが搭載されている車種も多く、ぜひ活用しましょう。

応急タイヤで走れるの走行距離は? 

2015/03/22

自動車の運転では、車のパンクがおきてしまう場合などがあります。そのような場合に役立つのが応急タイヤです。このタイヤは一般的にはスペアタイヤと呼ばれ、普段使用しているタイヤがパンクなどで使用できなくなった時に備えています。多くの車では、トランクの中や車体の下などに搭載されていたり、後部ドアなどに搭載されています。このように、緊急事態に役立つスペアタイヤですが、一体どれくらいの距離を走れるのでしょうか。スペアタイヤは緊急事態のためのタイヤです。そのため、走行距離はそれほど多くなく、100キロメートル程が目安とされています。また、通常のタイヤよりも耐久性が低いため、時速も80キロメートル程が限度です。このように、スペアタイヤは通常の運転には向かないので、あくまでも緊急用です。速やかに新しいタイヤに交換し、安全に運転できるようにしましょう。時折、スペアタイヤを長く使っているドライバーがいますが、とても危険な行為です。タイヤの幅が狭く、空気圧が2倍以上含まれており、通常のタイヤとは仕組みが全く違うこと留意しなければなりません。あくまでも、応急処置であることを理解し、安全な運転を心がけることが大切です。

傷や偏摩耗と密接な関係の残り溝について

2015/03/22

高速道路でのトラブルで最も多いのはタイヤのバーストで、一般道に比べ高速道路ではタイヤのバーストは約三倍の発生率になっています。バーストの原因としては、タイヤの温度が走行により上昇する事で強度が弱くなり、一般道での走行より高速道路での走行はタイヤへの負荷が大きいということがあげられます。カーブや勾配などのブレーキング、突起物などを踏んでしまうなどの原因も関係しています。このようなタイヤトラブルを避けるためには、日頃からタイヤの点検を行うことでリスクを軽減することができます。タイヤの残り溝のスリップサインが出ていないか確認すること、タイヤに亀裂や傷が無いか確認すること、道路に適した空気圧になっているかを確認することが必要です。また、その他にも車の四輪のタイヤにはかかる負荷が違いますので、こまめにタイヤローテーションをし偏摩耗を防ぐことも大切です。とくに一般道に比べ高速道路での高速連続走行は、タイヤの負荷がとても大きく、空気圧が低い状態で走行するとタイヤがたわみだします。このたわみの発生の連続により、最終的にはバーストしてしまいますので、とても危険ですので、日頃からの走行前のタイヤの点検を行うことが大切です。

車の適正な空気圧とは?

2015/03/22

自動車で重要なパーツの1つがタイヤです。タイヤには空気圧が含まれていますが、適正な圧力で走行しなければ故障や事故の原因へと繋がってしまいます。適正な値は車によって異なり、自動車のメーカーがあらかじめ指定した値が決められています。表示の場所は車ごとに異なるので、確認が必要です。適正な値よりも圧力が低いと、燃費が悪くなってしまいます。また、走行の安定性が低下することによって運転がしにくくなってしまうことや、過度の発熱によるヒートセパレーションなどの損傷が起こる場合があります。反対に、圧力が適正値よりも高い場合は、トレッドが傷つきやすくなったり、小さな段差でも車体が跳ね上がってしまったり、路面との接地面が減ることによって長持ちしなくなってしまうなどの影響を及ぼします。設定値よりも高い場合でも低い場合でも、車にとって悪影響を及ぼしたり、運転に悪影響を及ぼすのです。タイヤの点検は、月に1回が目安です。タイヤの圧力は自然に減少していく傾向にあり、運転していなくても減少します。ですから、定期的に点検を行い、適正値をキープしておくことが重要です。安全に車を運転するためには、タイヤの圧力が重要な要素です。

高速道路と一般道路でタイヤトラブルはどう違う?

2015/03/22

タイヤは柔らかいゴム製のパーツですから、走行により摩耗しますしものが突き刺さればパンクを起こします。タイヤトラブルは日々の走行によって起こる可能性がありますので、注意が必要な部分と言えます。高速道路では速度が高くなりますので、トラブルで多いのはバーストとなります。スタンディングウェーブ減少といいますが、空気圧が不足していると走行中にタイヤがたわみ、高熱を発することでバーストが起こります。高速走行では空気圧をチェックして適正値を保つとバーストなどのトラブルを防ぐことが可能です。一般道では高速道路のように速度が高くならないため、バーストは高速道路の3分の1程度というデータが有ります。一般道では釘やネジが刺さってしまうパンクや、落下物や道路構造物に接触したりが原因でパンクを引き起こしてしまうことが多いと言えます。高速道路と一般道では速度も違いますし環境も違いますので、トラブルの発生原因ももちろん異なってきます。高速道路では特に空気圧が重要ですから、空気圧を確認し適正値を保つことが大切です。タイヤは車の走行には重要な役割を持つパーツですから、日頃から異常がないか確認する必要がありますし、空気圧も定期的に確認する必要があります。

発電容量と消費電力の関係性について 

2015/03/22

自動車等に搭載されているオルタネーターとは、発電機のことで、エンジンの回転を動力源として利用し、電装部品の電源を発電しています。
以前は、バッテリーが完全充電されるまでオルタネーターで発電を行っていましたが、オルタネーターやエンジンへの負担を軽減させるために、近年ではバッテリー電圧が必要な電圧を下回らない範囲で、オルタネーターの発電量を制御しています。
普通エンジン車にはオルタネーターが搭載されていますが、ハイブリッド車では搭載されないことも多く、代わりにハイブリッドモーターで発電を行い、バッテリーへ蓄電しています。
オルタネーターの発電容量力以上に電気を消費すると、走行中であれ、いずれバッテリー上がりになります。
オルタネーターは、アイドリング状態でも十分な充電出力があり、2000回転以上で最大出力状態になります。それ以上に回転数を上げても、レギュレター(電圧が一定以上に上がらないように制御する部品)で調整されるので、壊れることはまずありません。
バッテリーから直結するのも、電源ソケットから取るのも、基本的に消費電力は同じですが、オーディオ機器やナビを取り付けなど、電装関係の取り付けは、感電や発熱の危険性があり、故障や事故につながるので、専門業者に依頼することが賢明です。

車が発電する際の、電力供給の仕組みは?

2015/03/22

車の電気系統への電力供給は、車載のバッテリーで行われます。普通の車では、12Vの鉛バッテリーがコストパフォーマンスの良さから昔から使われています。
バッテリーは、充電されないと使えなくなりますので、エンジンの回転を利用してオルタネーターと呼ばれる発電機で作った電気をバッテリーに充電します。
しかし、オルタネーターで得られる電気は、交流という性質のものですから、直流で充電するバッテリーには、直接には充電できません。また、車のエンジンの回転数は走行状態によって変化しますので、オルタネーターで発生する電力は一定でなく、ゆらぎがあるため、これも、そのままではバッテリーに充電できません。さらに、バッテリーの充電量には限界がありますので、その制御も必要です。
このようなことから、オルタネーターとバッテリーの間には、もうひとつの装置が入ってきます。それは、今では、コンピューターによって制御されている一体化された装置ですが、その主な役割は次のようなものです。
まずは、交流から直流に電気の性質を変える部分があります。次に、エンジンの回転数が変化しても、出力する電気を安定したものにする部分です。そして、バッテリーの状態を監視して、充電が必要な時に電力供給をして、満充電の時には電力供給をカットするような電気の制御をする部分です。
以上のような装置が組み合わされて、車の電気系統が使えるようになっています。

バッテリーに関するトラブルの種類

2014/11/18

車のバッテリートラブルの種類は、それ自身が働かないか、電気系統の接続部分なのか、充電系がおかしい場合が考えられます。
それ自身がトラブルの原因の時には、寿命がきて充分な電力を蓄えられなくなった場合と、ライトなどのスイッチの切り忘れなどで、放電できる電力がない場合にがあります。
寿命がきている時には、日頃のエンジン始動が弱々しくなってきたり、ランプ類の光の強さが暗く感じるようになります。この寿命は、車の使い方にもよりますが、数年程度ですから、ある程度余裕を見て取り替えると防げます。
何らかの電気系統のスイッチを切り忘れた場合には、他の車からケーブルで端子同士をつなぎあわせて電気を借り、エンジンを始動すると自力で充電しますのでそれで解決します。単独で充電する時には、充電器を使って充電すると使えるようになります。
電気系統の接続部分のトラブルでも電気系統が動かなくなることもあります。特に多いのが、端子の接続不良とヒューズ切れです。エンジンルーム内の端子は、特に古い車では腐食していることも多いですから、それによって電気が流れにくくなることもあります。また、何かの理由で車内のヒューズが切れていると電気系統が使えなくなります。
オルタネーターなどが壊れている時には、充電ができませんから、当然、電気系統も使えなくなります。しかし、これが起こる頻度は少ないと思います。