高速道路と一般道路でタイヤトラブルはどう違う?

タイヤは柔らかいゴム製のパーツですから、走行により摩耗しますしものが突き刺さればパンクを起こします。タイヤトラブルは日々の走行によって起こる可能性がありますので、注意が必要な部分と言えます。高速道路では速度が高くなりますので、トラブルで多いのはバーストとなります。スタンディングウェーブ減少といいますが、空気圧が不足していると走行中にタイヤがたわみ、高熱を発することでバーストが起こります。高速走行では空気圧をチェックして適正値を保つとバーストなどのトラブルを防ぐことが可能です。一般道では高速道路のように速度が高くならないため、バーストは高速道路の3分の1程度というデータが有ります。一般道では釘やネジが刺さってしまうパンクや、落下物や道路構造物に接触したりが原因でパンクを引き起こしてしまうことが多いと言えます。高速道路と一般道では速度も違いますし環境も違いますので、トラブルの発生原因ももちろん異なってきます。高速道路では特に空気圧が重要ですから、空気圧を確認し適正値を保つことが大切です。タイヤは車の走行には重要な役割を持つパーツですから、日頃から異常がないか確認する必要がありますし、空気圧も定期的に確認する必要があります。

コメントは受け付けていません。