車の適正な空気圧とは?

自動車で重要なパーツの1つがタイヤです。タイヤには空気圧が含まれていますが、適正な圧力で走行しなければ故障や事故の原因へと繋がってしまいます。適正な値は車によって異なり、自動車のメーカーがあらかじめ指定した値が決められています。表示の場所は車ごとに異なるので、確認が必要です。適正な値よりも圧力が低いと、燃費が悪くなってしまいます。また、走行の安定性が低下することによって運転がしにくくなってしまうことや、過度の発熱によるヒートセパレーションなどの損傷が起こる場合があります。反対に、圧力が適正値よりも高い場合は、トレッドが傷つきやすくなったり、小さな段差でも車体が跳ね上がってしまったり、路面との接地面が減ることによって長持ちしなくなってしまうなどの影響を及ぼします。設定値よりも高い場合でも低い場合でも、車にとって悪影響を及ぼしたり、運転に悪影響を及ぼすのです。タイヤの点検は、月に1回が目安です。タイヤの圧力は自然に減少していく傾向にあり、運転していなくても減少します。ですから、定期的に点検を行い、適正値をキープしておくことが重要です。安全に車を運転するためには、タイヤの圧力が重要な要素です。

コメントは受け付けていません。