応急タイヤで走れるの走行距離は? 

自動車の運転では、車のパンクがおきてしまう場合などがあります。そのような場合に役立つのが応急タイヤです。このタイヤは一般的にはスペアタイヤと呼ばれ、普段使用しているタイヤがパンクなどで使用できなくなった時に備えています。多くの車では、トランクの中や車体の下などに搭載されていたり、後部ドアなどに搭載されています。このように、緊急事態に役立つスペアタイヤですが、一体どれくらいの距離を走れるのでしょうか。スペアタイヤは緊急事態のためのタイヤです。そのため、走行距離はそれほど多くなく、100キロメートル程が目安とされています。また、通常のタイヤよりも耐久性が低いため、時速も80キロメートル程が限度です。このように、スペアタイヤは通常の運転には向かないので、あくまでも緊急用です。速やかに新しいタイヤに交換し、安全に運転できるようにしましょう。時折、スペアタイヤを長く使っているドライバーがいますが、とても危険な行為です。タイヤの幅が狭く、空気圧が2倍以上含まれており、通常のタイヤとは仕組みが全く違うこと留意しなければなりません。あくまでも、応急処置であることを理解し、安全な運転を心がけることが大切です。

コメントは受け付けていません。