走行中と駐車のトラブルについて

自動車の走行中のトラブルといえば、まず一般的なのがタイヤのパンクです。タイヤのチューブから空気が抜けてしまい、走ることがとても困難になってしまいます。

パンクが起きてしまった場合、スペアタイヤがあれば、ジャッキを使って車体を上げた上で、ご自分で交換することもできます。それができない場合にはロードサービスを利用するのがよいでしょう。

パンクを防ぐためには、日頃から空気圧のチェックをして、しっかり空気を入れておきましょう。

続いてガス欠があります。ガソリンが走っている途中でなくなることです。これは危険ですので、特にロングドライブをする前には給油を行いましょう。これもロードサービスを呼ぶ必要があります。

最近では電気自動車も普及していますが、まだEVは1回の充電で走れる距離が短めです。そのためこまめに充電を行うと安心です。

次に駐車の際のトラブルです。一番気をつけたいのが、知らない間に車両の付近に人がいてぶつけてしまうことです。これを防ぐためには、駐車を開始する前に辺りに人がいないかを確認すること、そして駐車をする途中にも後方などを確認することです。

最近ではバックモニターが搭載されている車種も多く、ぜひ活用しましょう。

コメントは受け付けていません。